善岡修

1975年小樽市出身

北海道高等聾学校卒業後、国立身体障害者リハビリテーションセンター入所。その後、川崎市内の工場に勤務。戦後復興期の東京下町でのろう者運動と青春を描いた映画「小さな下町・さくらの詩」(90分、デフムービーエンターテインメント「プロディア」2001年制作)で主演するなど、ろう者中心の映画制作や演劇活動を行う。2002年、デフ・パペットシアター・ひとみに入団。現在、デフ・パペットシアター・ひとみの代表。全国公演作品「だいじょうぶだいじょうぶ?」「わんぱくスサノオの大蛇退治」で人形劇俳優として活躍中。

「プロフィール」のページ一覧