カンボジアの大型影絵芝居

スバエク・トム 東京公演


sbek thom 1.jpg

チラシ裏面

■大型影絵芝居 スバエク・トム■

ユネスコの無形文化遺産にも指定される、美しく幻想的な影絵芝居スバエク・トム。
 カンボジア内戦による断絶を乗り越え、現在は若い世代に受け継がれています。
 来日する劇団ティー・チアン一座は、内戦後の復興期から当センターがたびたび招聘を
行ってきた、日本とも縁の深い劇団です。
 今回は一座の現地での活動支援を続ける(公財)KDDI財団の主催公演です。
現代人形劇センターは公演の制作を担当しています。
 約10年ぶり、久々の本格的な東京公演です。ぜひご来場ください!


 【公演情報】

 演 目 『リアムケー』
   東南アジアに広く伝わる、インドの古代叙事詩『ラーマーヤナ』のカンボジア版。
   英雄リアム王子と魔王リアップの壮大な闘いの物語で、スバエク・トムでは本来
  七夜をかけて演じられました。
   本公演ではその中でも中心的なエピソードを上演します。


 日 時: 2020年2月22日(土) 13:00-(完売)/17:00-(残席あり)
      (開場は開演の30分前)

 会 場: ブリット記念ホール(聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ3階)
       アクセス
      (東京都渋谷区広尾4-2-24、東京メトロ日比谷線広尾駅から徒歩1分)

 料 金: 2,000円(自由席)

 お申込: KDDI財団の予約フォームからお申し込みください。


 出 演ティー・チアン一座
   先代の座長ティー・チアン(1922-2000)が1997年に立ち上げた一座。
   ティー・チアンは十代でスバエク・トムを始め、苛烈なカンボジア内戦を
  生き抜き、内戦中に断絶した伝統芸能の復活に尽力しました。
   昔ながらの伝統を伝え、ストーリーと登場人物の心の動きを丁寧に見せる、
  ゆったりと漂うような演技が一座の特色です。
   現在は、その遺志を継ぐ孫のチアン・ソパーンが座長となり、若い世代の育成に
  つとめています。


主催: 公益財団法人KDDI財団
後援: 在日カンボジア王国大使館
協力: 公益財団法人現代人形劇センター

  【お問い合わせ】
 *主催*
    公益財団法人KDDI財団
   メール concert@kddi-foundation.or.jp
   TEL 03-6328-3043
 *協力*
   公益財団法人 現代人形劇センター
   神奈川県川崎市中原区井田3-10-31
   TEL 044-777-2228 / FAX 044-777-3570
   URL www.puppet.or.jp
   お問い合わせフォーム