ラオスの現代人形劇 ワークショップ

Laos×Iida パペットワークショップ

~いいだ人形劇フェスタ2018にて開催~


  

参加者募集中


ラオスの現代人形劇といえば、本年3月に劇団カオニャオの東京公演を開催したばかり。
そして今夏、そのスピリットの源泉ともいえるアーティストが、日本最大の人形劇フェスティバル「いいだ人形劇フェスタ」(長野県飯田市)にやってきます。
ラオスの現代人形劇は、自国の豊かな自然と精神に根ざし、すべてのモノに命を感じとる独自の作品づくりで、世界的に注目される存在です。その創始者ルートマニー・インシシェンマイが、飯田の自然、そして生活、文化と交感するワークショップを実施します。
ラオス現代人形劇の世界を、この機会にぜひ体験してみませんか?

CIMG4770_re.jpg

ルートマニー・インシシェンマイ(ラオスのアトリエにて)


Laos×Iida パペットワークショップ

3つのプログラム


フェスタ公式ホームページの、本プログラム掲載ページはこちら


講師: ルートマニー・インシシェンマイ

(元ラオス国立劇場 カボン・ラオ代表)


1)飯田市千代地区・滞在型人形製作

  ワークショップ

  期間: 7月30日(月)~8月3日(金)

  時間: 13:00~15:00

  会場: 千代山村広場

     (長野県飯田市千代952)

  参加費: 無料

  対象: 小学生

     (地区住民ほか、上記期間参加

      できる人)

  内容: 期間中に、千代の自然や生活の中

     からみつけた素材で、人形(オブ

     ジェ)を製作し、それを遣って、

      動かしてみます。モノに命を感じる

     体験です。

     最後にはみんなでパフォーマンスの

     小品をつくってみます。


2)発表公演と人形展示

  日時: 8月4日(土)11:00

  会場飯田市美術博物館

  対象: 一般

      入場にはいいだ人形劇フェスタ2018の

      参加証ワッペン(700円)が必要です。

  内容: 千代地区でつくった人形(オブジェ)

     を遣った小品 の発表公演です。

     会場内には、期間中に講師が滞在中

     に製作した人形(オブジェ)を展示します。




3)一般向ワークショップ

  日時: 8月5日(日)9:30~12:00

  会場かざこし子どもの森公園

  対象: 一般

      参加にはいいだ人形劇フェスタ2018の

      参加証ワッペン(700円)が必要です。

  内容: 素材をかざこし子どもの森の自然の中から

     採取するほか、自分が日常使用する道具や

     衣類などを持ち込んで、自由に人形を製作

     します。

     製作した人形を、動かしモノに命を感じて

     みます。




<講師プロフィール>

 ルートマニー・インシシェンマイ

 ラオスの現代人形劇の創設者といえる存在。

 1954年生まれ。美術学校教師から国立演劇団の人気俳

 優、その後サーカスクラウン(国立サーカス団)とし

 てのキャリアを積む。1994~1995年フランスのクラ

 ウンスクールに留学。1999年にフランスの劇団チュラ

 ックに感銘を受け、渡仏し劇団で研修。帰国後ラオス

 国立人形劇内にオブジェクトシアターグループ「カボ

 ン・ラオ」を設立。自ら人形製作、脚本、演出、演技者

 として劇団を率いる。2014年国立人形劇場退団。

 フリーで自然素材からインスピレーションを得たオブ

 ジェの製作活動情熱を傾けている。また乞われて内外

 でワークショップを行う。



主催: いいだ人形劇フェスタ実行委員会

企画協力: (公財)現代人形劇センター



お申し込みとお問い合わせ

  いいだ人形劇フェスタ実行委員会事務局

  TEL 0265-23-3552/FAX 0265-23-3533

お問い合わせ:

 (公財)現代人形劇センター

  TEL 044-777-2228 / FAX 044-777-3570

  URL www.puppet.or.jp

  お問い合わせフォーム